ヘアオイルの効果ちゃんと知ってる?4つの嬉しいメリットが凄い!


イモコ

髪に良さそうだからヘアオイル使ってるけど、そういえばちゃんと効果知らないかも…?

洗い流さないトリートメントの中でも、特に定番のアイテムとなっている「ヘアオイル」。

ドラッグストアで買える市販のものから、高品質なサロン専売品まで、様々な特徴があるヘアオイルが500本を超えるほど登場しています。

愛用している女性は多いと思いますが、実はヘアオイルの効果をちゃんと知らない…という方も多いのではないでしょうか。

今回は、ヘアオイルの効果をちゃんと知っておきたい!という方のために、嬉しい4つの効果、メリット・デメリットを詳しく解説します!

しっかり効果を知った上でヘアオイルを使えば、毎日のヘアケアがもっと楽しくなりますよ♪

<読む時間の目安:3分>

スポンサーリンク

嬉しいヘアオイルの4つの効果とは?

効果①:色んな角度から髪を保護・保湿してくれる

ヘアオイルは、他の洗い流さないトリートメントと比べて、髪を保護することに優れたアイテムです。

オイルで髪をコーティングして、外部の刺激から髪を保護しつつ、水分やトリートメントで補給した美容成分を髪に閉じ込めることができます。

ですが、ダメージや乾燥から髪を守ってくれる、という以外にも、色んな角度から髪を保護してくれるのがヘアオイルの凄いところなんです!

・紫外線

・静電気

・湿気

・ドライヤーやヘアアイロンなどの熱

・タバコなどの嫌なニオイ

・摩擦

・ヘアカラーや縮毛矯正などによるハイダメージ

ヘアオイルの中には、日焼け止めのようにUVカットして髪を保護してくれるものや、ドライヤーなどの熱から髪を守ることに特化したもの、髪だけでなく頭皮ケアまでできるものなど、色んな特徴・効果があるものもあります。

髪は様々な原因によって傷んだり乾燥したり髪質が悪くなったりしていしまいます。だからこそ、髪質の悪化に繋がる様々な「敵」から髪を守ることは、髪にとってとても大切なヘアケアなんです。

シャンプーやコンディショナーだけではなかなか手が届かないケアまでしてくれるのがヘアオイルの嬉しい効果ですね♪

効果②:柔らかく、おさまりまとまりのいい髪に仕上げてくれる

ヘアオイルは、洗い流さないトリートメントの中でも重めのアイテムです。細い髪・猫っ毛の髪質だと、この重さで髪がぺたんとしやすいのですが、剛毛さんや多毛さん、くせ毛さんにはドンピシャ!

太くて硬い、ゴワついて扱いにくい髪を、柔らかでしなやかな仕上がりに。ボリュームの多い髪やくせ毛で言うことを聞かない髪を、おさまり・まとまりの良い髪に仕上げてくれるんです。

ヘアオイルは、もっと扱いやすくしたい、ボリュームを抑えたい、という方にオススメのアイテムです♪

効果③:ツヤ感のあるサラサラヘアに仕上げてくれる

ヘアオイルといえば、やっぱり「ツヤ」ですね。

タオルドライ後の濡れた髪につけて乾かすだけでもツヤ感のある仕上がりにできますし、スタイリングの仕上げに少量つけるだけでもツヤ感を演出できます。

また、なめらかさ・指通りの良さも与えてくれるので、見た目も質感もサラサラヘアに導いてくれます♪

特にケラスターゼやロレアル、モロッカンオイルは、このツヤ感・サラサラ感のある仕上がりが魅力です。

ヘアケアとして使い続けることで髪本来の美しさを引き出す、という目的以外にも、スタイリングでツヤ感・サラサラ感を出すことができるので一石二鳥なんですね。

効果④:ヘアフレグランスとしても活躍してくれる

ヘアオイルの中には、フレグランス効果のあるものもあります。

香りの種類は豊富で、王道のフローラル系、爽やかでフレッシュな柑橘系、甘酸っぱく女の子らしいフルーティー系、外国感のあるセクシーなオリエンタル系、アロマのようなハーブ系などなど…。

好きな香りを髪にまとうことができるのも、大きなメリットですね。

また、香りの強さもヘアオイルによって違います。無香料でほとんど香りがないものから、香水代わりになるくらい香りが持続してくれるものまで揃っています。

キツイ香りが苦手な方は無香タイプのヘアオイルを。香りが持続して欲しい方は、フレグランス効果が高い&好みの香りのものを。こんな感じで、香りの好みで選ぶこともできます。

香りの好みがドンピシャで合うヘアオイルに出会えれば、いい香りを楽しみながらヘアケアできて、日中もふんわり香ってくれるのでもう最高ですよね♪

ヘアオイルの効果のメリット・デメリット

もちろん嬉しい効果・メリットもあれば、デメリットもあります。簡単にメリットデメリットをまとめました。

・ヘアオイルのデメリット

・つける量によっては、何日も髪を洗っていない風のオイリーな仕上がりになってしまう

・手がベタつく、手に残ったオイルが落ちにくい

・細い髪、猫っ毛の髪質だと髪がぺたんとしやすい

・軽い仕上がりが好みの方には合わない

ヘアオイルのデメリットといえば、やっぱりあの「オイリーさ」ですね。つけすぎると何日も髪を洗っていないようなオイリーな仕上がりになりますし、手もベタつきます。

このオイル独特の重さ、ベタつきが苦手という方も多いと思います。「どうしてもムリ…」という方は、もっと軽いミルクタイプやクリームタイプのもの、手が汚れにくいミストタイプの洗い流さないトリートメントがオススメです。

・ヘアオイルのメリット

・髪を保護、保湿できる

・柔らかでしなやかな仕上がりにできる

・おさまり、まとまりの良い髪に仕上げることができる

・ツヤ感を与えてくれる

・指通りの良いなめらかな質感に整えてくれる

・ヘアフレグランスとしても活躍してくれる

・紫外線対策&紫外線によるダメージをケアできる

・静電気や湿気対策もできる

・ドライヤーやアイロンの熱から髪を保護してくれる

・ヘアケアしながら軽いスタイリングもできて一石二鳥

・様々な価格帯、効果、香り、仕上がりのヘアオイルが販売されているから、自分にぴったりのもの見つけることができる

洗い流さないトリートメントの中でも、オイルタイプは特に多くのアイテムが販売されています。その効果・特徴もヘアオイルによって違いますし、価格も数百円で買えるものから数千円するものまで、本当に幅広いです。

それぞれのメリットに特化しているもの、こうしたメリットがギュッと1本に詰まったオールインワンのヘアオイルなども登場しているので、自分にぴったり合う理想のアイテムを見つけることができますよ♪

【結論】ヘアオイルはこんな人にオススメ!

ヘアオイルは、ボリュームを抑えたい、扱いやすくしたい、ダメージや乾燥から髪を保護したい、こんな方にオススメですね。

細い髪・猫っ毛の方向けのヘアオイルもありますが、基本的には、普通~剛毛・くせ毛・多毛の方に合いやすいアイテムです。

髪はその人の印象を左右する重要なパーツ。少しでも美髪に近づけたい方は、ヘアオイルを使ってみてください。きっと美髪づくりに貢献してくれますよ♪

具体的に「オススメのヘアオイルが知りたい!」という方は、ぜひこちら↓の記事をご覧ください。約540本を超えるヘアオイルの中から、口コミ評価の高いものだけを厳選してまとめています。

ヘアオイルのおすすめ&人気ランキング最強決定版【約540本から厳選】

ヘアオイルのおすすめ&人気ランキング最強決定版【約540本から厳選】
ヘアオイルのおすすめ&人気ランキングを約540個の中から厳選して決定しました。髪質や仕上がりの好み、香りの好み、求める効果など細かいニーズ別に、評価が高く実力のあるヘアオイルをご紹介。あなたの理想のヘアオイルが見つかりますよ!

この記事のおわりに

ヘアオイルの効果、メリット・デメリットを解説させていただきました。

髪を保護・保湿する、ツヤのあるまとまりの良い髪に仕上げる、というのが主なヘアオイルの効果です。

他にも、紫外線対策ができるもの、頭皮ケアができるもの、ドライヤーなどの熱から髪を守ってくれるもの、フレグランス効果のあるものなど、商品ごとに色んな特徴があります。こうした効果でヘアオイルを選べば、あなたにぴったりのヘアケアができますよ!

今度ヘアオイルを使う時は、ぜひ「効果」を意識して使ってみてくださいね♪


イモコ

ちゃんと効果を知ってると毎日のヘアケアが楽しくなるよね♪