紫外線対策に活躍するヘアオイルを特集!日焼け・油焼けについても調べたよ!

 

イモコ
やっぱり夏は髪傷むよね~…
ほんとにイヤなんだけど!
 
体の中で一番太陽に近い頭皮や髪の毛は、顔に比べて3倍以上も紫外線を受けると言われています。実際、夏になると髪がパサついたり、色が明るくなったりしますよね。
 
紫外線対策にヘアオイルが良いという話もありますが、逆にヘアオイルを塗ると髪が日焼け・油焼けしてしまうという話もあります。
どちらが正しいのでしょうか。
 
髪は日焼けするとどうなるのか?
本当に油焼けはするのか?
ヘアオイルで紫外線対策はできるのか?
 
こうしたヘアオイルと紫外線にまつわる疑問にお答えできるよう徹底調査しました。大手メーカーなどの情報をもとにお話ししていきます!
 
少し長くなるので、2ページ目で紫外線対策にオススメのヘアオイルをご紹介しますねw
 
<読む時間の目安:3分>
スポンサーリンク

そもそも髪が日焼けするとどうなるのか?

 
髪が日焼けすると、キューティクルが剥がれやすくなり、髪の中のタンパク質や水分が流出してしまいます。さらに、紫外線は髪の内部の構造も破壊します。これにより、切れ毛や枝毛も増えると言われています。
 
そして、髪の色が赤茶けた色になるのも特徴です。髪の色を保つメラニンを分解させてしまい、元の髪色から変色してしまうのです。
 
特にブリーチをしてヘアカラーを頻繁に行う人は注意です。
メラニンには、紫外線を吸収して髪を守るという役割もありますが、カラーを入れる際に自前のメラニンをすでに分解してしまっているので、紫外線への耐性が弱まっています。
その上、染料は紫外線への耐性がほとんどないので、紫外線の影響をモロに受けてしまうのです。
 
実際、大手メーカーの花王株式会社も同様のことを発表しています。
 
太陽光を浴びると、紫外線の作用で最表面のMEAが失われ、キューティクル層同士の結びつきが弱くなって、キューティクルが浮き上がりやすくなります。このため、ガサガサと手触りが悪くなってツヤも低下します。小さな力で擦れ合うだけでキューティクルがはがれやすくなり、損傷が進みます。
キューティクルが損傷すると、髪内部のタンパク質や脂質がシャンプーのたびに流れ出やすくなります。毛髪内部も損傷して空洞が多くなると、パサつきやゴワつきが感じられ、強度も弱くなることがあります。

一方、太陽光はコルテックスにあるメラニンを分解し、髪色を変色させます。特に水があると反応が進みやすいので、日差しの強い海やプールなどで濡れた髪のままでいると、髪表面や毛先が色抜けしやすくなります。

引用元:花王株式会社
 
ここでさらに注意したいのが、海水や塩素を含んだプールなどで濡れた髪の状態は、紫外線によるダメージを加速させてしまうという点です。
 
海水で濡れた髪は、真水の2倍ものダメージを受けるという実験データもあります。海水浴やプールが盛んな夏場は、最も紫外線が強くなる時期でもあります。汗もかく時期ですから、髪にとって最も過酷な時期なのです。
 
数々の美容ケア商品を展開するデミコスメティックスの研究報告でも同様の内容を発表していました。

酸化によってシステイン酸(SO3H)が生成することでも毛髪がダメージします。

プールや海水浴などで髪が濡れた状態で紫外線を浴びるとシステイン酸の生成が加速され、さらにダメージが大きくなります。

引用元:デミ コスメティクス

 
つまり、髪にとって夏の紫外線は最悪の天敵なのです。

ヘアオイルを塗ると日焼けするって本当?油焼けするの?

 
そんな紫外線の対策として、ヘアオイルが使えるという話と、油焼けするから使わない方がいいという逆の話があります。
結局、どちらが正しいのでしょうか。
 
髪にヘアオイルが付いた状態で直射日光を浴び続けると、油分が酸化して油焼けを起こす可能性はあります。熱により髪が乾燥し、髪の水分が蒸発。パサついたり、ギシギシした髪になると言われています。
 
酸化して油焼けを起こす原因は、オイルに含まれる不純物とされています。不純物とは、主に鉱物油などの石油系の油分です。特に精製度の低い石油系の油分が悪影響を与えると考えられています。化粧品の場合、昔は皮膚トラブルを起こした例もありました。
 
ですが、現在、一般的に市場に出回る商品に使われているものは、不純物を完全に取り除いた安全性の高い成分が使われています。最近だと、こうした添加物は一切入っていない無添加のものも多いです。なので、安全性は高いと言えますね。
 
また、油焼けするのかしないのか、をハッキリ断定するデータがなかなか無いというのも問題をややこしくしている原因だと思います。
 
しかし、メーカー側は、「ヘアオイルで油焼けはしない」と明言しています。
 
「パンテーン」で有名なP&Gのヘアケアアドバイスでは、
 
オイルというと日焼けや油やけを起こしそうなイメージがありますが、髪は肌と異なり、生きた細胞ではないのでヘアケア用のオイルを使った髪で日焼けや油やけといった現象が起きるのは、考えにくいといえます。
引用元:パンテーン
 
数々のヘアケア&スキンケア商品を提供している株式会社ウテナは、鉱物油が与える影響についてこのように明言しています。
 
一般に化粧品に使われている鉱物油は精製度が高く、不純物を完全に取り除いた安全性の高い油分ですので、シミや油やけなど悪い影響をあたえることはありません。昔は精製度の低い鉱物油を使用した化粧品が市場に出回り、不純物が原因で皮フトラブルを起こしたことがありましたが、現在はそのようなことはありませんので安心してお使いいただけます。鉱物油のひとつであるワセリンは、化粧品のほか医薬品の軟膏にも使われています。
 
それでも心配な方は、無添加のものを選ぶか、市販の安いヘアオイルではなく美容院で使用・販売されるような質の高いヘアオイルを選ぶのがベターでしょう。
 
ただし、天然由来100%オイルでも、古くなると酸化を起こすので、早めに使い切るか、古くなったら捨てることをオススメします。

なぜ紫外線対策に「ヘアオイル」なの?

 
「えーでも油焼けするかもしれないなら、ヘアオイルじゃなくてもいいんじゃない?」と思った人もいるかもしれません。
 
一番ベストな方法は、物理的に日光から髪を守ることです。日傘や帽子で防げればそれが確実でしょう。それが難しい場合でも、髪用のUVカットのスプレー等を選べば紫外線対策はできます。
 
ですが、1本で紫外線から髪を保護しつつ、守りきれなかったダメージを補修&保湿して髪を整えてくれるのはヘアオイルだけなんです。
 
そもそもヘアオイルのメイン役割は、髪を保護することです。
髪の毛1本1本をオイルでコーティングして、紫外線などのダメージ要因から守ってくれる働きがあります。
 
さらに、コーティングすることによって、水分を閉じ込める役割もあります。
例えば、インバスのトリートメントやコンディショナーは髪にうるおいや補修成分を与えてくれますが、お風呂上がりにそのまま放っておくと、せっかくの水分や栄養分が抜け出てしまいます。ヘアオイルは、抜け出てしまわないようにフタをしてくれるのです。
 
こんな感じで、紫外線から髪を守りつつ、守りきれなかったダメージを補修・保湿して髪を整えてくれるのがヘアオイルの強みなんですね。
 
もう1つ重要なのは、見た目の仕上がりです。
 
 
これもヘアオイルの大きなメリットなんです。
 
紫外線などによってダメージを受けると、パサつきがひどくなり、まとまらなかったり、髪の質感が悪くなったり、ツヤが失われたりと、見た目も最悪の状態になりますよね。
ヘアオイルは、そんなダメージヘアであってもしっとり落ち着かせ、まとめてくれます。ツヤも与えてくれるので、見た目の仕上がりもよくなるのです。
 
では、具体的にどんなヘアオイルがオススメなのかと言うと、
・「紫外線対策・UVカット」という機能を持つもの
・口コミ評価の高いもの
・美容院で使用・販売されるような質の高いもの
がオススメです!
 
次のページでは、具体的にオススメのヘアオイルをご紹介しますね。
約540個のヘアオイルの中から「紫外線対策・UVカット」機能のある本当に口コミ評価の高いヘアオイルを11個に厳選しました。